スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.06.08 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    横須賀の旅

    0
      JUGEMテーマ:いちご狩り
      JUGEMテーマ:ドライブ
      JUGEMテーマ:横須賀
      JUGEMテーマ:旅行
      JUGEMテーマ:日常
       
      27日 金曜日。
      世田谷のお友達のお家に遊びに行きました〜

      大学時代の友達で、もう4歳と2歳前の男の子が2人います
      もう1人、友人も来て久しぶりにお話できて、とっても楽しかったです

      もーーう、やんちゃで元気で、ママはよくやってるなぁ〜〜と関心
      手土産に、例の半熟卵入りカレーパンを持参。

      普通のカレーみたいに中辛で大人向けの味付けで尚更美味しい
      みんな喜んでくれました


      28日 土曜日。

      朝7時に起床して、いちご狩りに出発
      道中こんな居酒屋さんを発見。





      場所は横須賀なのでお家から高速乗って、1時間半で着きました。




      浜に降りようか迷ったけど、寒かったのでやめました


      到着〜〜





      少し小振りないちごだけど、すごく甘くていっぱい食べれたので
      得した気分


      もう何個食べたか分からないぐらいの時、ふとコンデンスミルク入れを見たら・・・






      笑ってました

      お腹の子がまいう〜〜って言ってるのかなぁ
      いちごは葉酸たっぷりで妊婦に良いらしい。

      いちご最終結果は、旦那さん36個。私46個で私の勝ち〜



      狩りが終わって、物産センターを巡り、
      味よし大根や菜の花、青ねぎ、白菜漬けを購入。
      味よし大根はこの一番右。



      全部激安で大きくて、大根は今晩のおかずで煮物にしました。
      醤油いれず出汁だけで焚いたのだけど甘みがあって美味しい〜〜


      初めて見た、青色卵を発見。
      他の色のたまごと比べると、少し青みかかってるのわかるでしょ





      帰り。まだお昼前だったので、横須賀バーガーを食べて帰ろうと、
      野比海岸沿いにお店のある、料理屋さんへ。





      潮風を受け、天気のいい日にテラスで食事するのは気持ち良いだろうなぁ〜






      ゆるい時間が流れていて、料理ができるのに30分以上かかるのは
      当たり前みたいですが・・・

      頼んだアボカドバーガーはとっても大きくて、とっても美味しくて
      待った甲斐がありました。




      お腹も心も満足満足。
      今週も充実した日になりました
      パパ、家族サービスをありがとう。

      私が行った津久井浜のいちご狩りは、家の最寄り電車からでも
      直通で出ているので、とってもアクセス良いので、電車派の方にも
      お奨めです
      いちごの旬は2月中旬ぐらいまでなので、早めに行ってみてね



      軽井沢へ弾丸1泊旅行

      0
        JUGEMテーマ:旅行


         主人が急に軽井沢に行くぞと言い出しました


        どうやら義父の旧知の友が軽井沢のホテルを経営しているとのことで
        寒くなる前に遊びに行く事に

        東京に出てきて10年いるけれど、箱根も那須も軽井沢も行った事がなく
        土日はまだまだ残暑の残る天気で、避暑地に行くのはちょうど良かったです




        最寄りのI.Cを降りてすぐにそびえ立つ岸壁に、思わずパシャリ
        助手席でいつも寝ている私も、起きてしまうぐらい圧巻




        到着〜



        もうほとんど食べちゃって分からないけど、頭の上の看板にあるコロネソフトをぱくり
        あったか〜いコロネに冷たくてあま〜いソフトクリームが中までぎっしり
        これすっごく美味しかった




        お花屋さん大好き



        この鉢植えほしい 癒されるね〜〜〜ぇぇ






        ホテルにチェックイン
        Tオーナーは不在だったので、とりあえず街をぶらぶらした後、夕方
        ホテル内のレストランへ




        にんじんとキャビアのムースで舌ならし



        前菜はまるでパレットみたい。




        今日のお供はこれ。



        かぼちゃの冷製ポタージュで火照った身体もひんやり



        鯛と海老にディルを添えて



        脂肪たっぷりの肉が苦手な私もすっきり美味しいフィレで大満足




        最後のデザート。フォーlクの型抜きが楽しい
        家でもやってみたいな




        美味しいご馳走の数々、ご馳走様でした



        次の日。
        部屋からの眺望は、もう目の保養所のよう




        朝露に濡れて、緑が活き活きしていました。

        Tオーナーが街を案内してくれるとの事で、その前にホテルのスタッフの方が
        ホテル内を案内してくれました



        ホテルの中庭。



        そこには小さな教会が

        手入れも入念にされていて、音楽のプロモーションにも使われるらしい。



        披露宴会場の”シャガール”。その名の通り、シャガールの絵が飾られています。
        シャガール自身と恋人ベラの幸せな空気感が伝わってきますね
        子どもの頃からシャガールが好きだったけど、この絵は初めて。。。

        このほかにも、ミュシャの披露宴会場もあり、そこにはミュシャの絵のほか、
        イギリスの画家、ターナーの絵もしかも版画・・・

        まさかここでターナーの絵に出会うなんて思わなかったので驚きでした。。



        フロントに無造作におかれたピアノ。。
        角の隅々に施された細工がこれまた素晴らしかった・・・・
        同じ型のピアノは、ベルサイユ宮殿、皇居、その他2か所にしかないらしい・・・
        鍵盤は象牙。ピアノ好きの方にはたまらないんだろうなぁ



        このあと、Tオーナーに連れて行って貰ったもう一つのホテルの敷地内の眺め。
        水色の空と緑のコントラストが素晴らしく、圧巻。




        心も身体もリフレッシュできました。

        チェックアウトのとき、御代は頂いておりません。とのこと
        夕食時ワインも好き勝手飲んで、次の日のランチもご馳走になり・・・
        帰ってソッコーお礼状を書きました


        軽井沢は、ちゃんとゆっくり2泊ぐらいで行って、あの青々とした新緑の中で
        本でもゆっくり読みたい場所だなぁ〜と感じました
        あとゴルフするにも良いんだろうな〜ぁ



        長旅日記 ローマ散策&バチカン編 in Roma, Italy

        0
          JUGEMテーマ:旅行
          JUGEMテーマ:イタリア旅行
          JUGEMテーマ:ヨーロッパ
          JUGEMテーマ:イタリア


          8月26日、朝から動き回ろうと思ったけど、イタリア人の行動時間の遅い事・・・
          お店のオープンは11時頃からスタート、
          朝からケーキや甘いジャムパン等を食べるのがイタリア人なんだそうです。

          ホテルの朝ごはんは色んな種類のケーキやタルトがたくさん・・・

          やっぱりベーコン・ハムにクロワッサンぐらいがちょうどいいなぁ〜


          まずは近所の古代遺跡のフォロ・ロマーノへ。
          そのあとは隣のコロッセオへ。




          コロッセオとフォロ・ロマーノは共通のパス券があるのだけど、コロッセオで買うと
          何時間待ち?!というほど並ぶので、「必ず」フォロ・ロマーノで買うのをお奨めします
          コロッセオに入る時、ディズニーのファストパス以上にスムーズで驚きました



          「ジャンパー」の映画を思い出しましたね
          コロッセオ凄かったけど、ローマ自体がもう古代遺跡の塊のようで、周りに普通の
          ごろごろ残っているので、少し感動も薄れていましたが


          このあとは、15分程歩いて真実の口へ。
          王道の口に手を入れて記念撮影。
          これは20〜30分程並びましたが、「手入れて、撮影」だけなので、回転はサクサクでした。

          このあと教会にも入りましたが、フランスの教会と違ってイタリアの教会は
          肌出しが禁止のようで、肩を出した格好はその場で貸し出しているストールを羽織らないと
          拝観できませんでした。
          教会はフランスの方が好みかな〜


          そこからバスに乗り、バチカンへ。



          サン・ピエトロ広場へ。下は大聖堂。




          こんな近くにバチカン市国があるんですね。
          やはりまた一つの国家なので雰囲気が少し違うように感じました。
          裏手には、あのどこかで見た事あるような制服を着た警備兵が



          なんだか、シルクドゥソレイユみたいですね

          ここからローマ方向へ歩いて行くとサンタンジェロ城へ。




          ダ・ヴィンチコードの続編、「天使と悪魔」のクライマックスの場所です。



          周りにはこんな方も。





          ローマに戻って、再び昼のスペイン広場へ。




          夜はあんなにみんな座っていたのに、36度もあるローマの昼はさすがに暑いみたいです・・

          スペイン広場の周りは高級ブティックになっていて、
          前から欲しかったセルモネータのグローブ(手袋)を3枚も買いました
          日本では2万円以上で売ってるような代物・・・こんなに値段が違うのか・・と愕然。


          こっちでは皮製品はお得、というのは本当ですね。
          もっと計画的に事前に調べて、もっと買っておけばよかった〜と少し後悔。。





          「トレビの泉」前にて。

          水が本当に綺麗。
          ガイドブックには「ローマの水道は飲み水にはならない。」と書いてあったけど、
          街中を歩くと至る所に、流しっぱなしの水が噴水や給水所があって、そこで空になった
          ペットボトルに何度も足して飲みながら歩いていました

          これが本当に冷たくて美味しい 日本で言う井戸水のようなもの
          飲み水以外にも火照った体にかけたり、サンダルの足元にかけてビショビショにして
          歩いたり。(←それでもすぐ乾くほどカラッと暑い
          ペットボトル10本分はおかわりしたかな



          立ち寄ったストール屋さんでは、ネコが昼寝をしてました。
          触っても全然シカトで寝てる




          イタリア猫だよ、かわいぃ〜〜

          ここのストール屋さんも、買って帰らなかったのが後悔です。
          パシュミナが一つ€4〜だよ安すぎーーーーーー。。。
          行く機会のある方、お土産にぜひ、どうぞ


          最終日に発見した、ローマ最大のテルミニ駅の地下にある本屋さんには
          なぜか、ぬいぐるみが乗っかっていたんだけど・・・




          取り辛くないのかな




          おもしろすぎ・・・





          でも可愛過ぎて、キャラ好きの私は、この黄色い豚か蜂かわからん
          ぬいぐるみを買って帰りました

          これも売り物らしい

          テルミニ駅も100店程店があるらしく、お奨めです

          長旅日記 カプリ島編 in Napoli, Italy

          0
            JUGEMテーマ:旅行
            JUGEMテーマ:イタリア旅行
            JUGEMテーマ:ヨーロッパ
            JUGEMテーマ:イタリア
             

            JALのオプションツアーで申し込んだので、ホテルまでバスで迎えに来てくれて
            6時40分の出発だったけど、幸い遅れる事なく、カプリ島へ出発

            ローマから南イタリア、ナポリへ南下。
            2時間かけてバスで向かいました 途中、寄ったSAでは南イタリアの
            特徴である陶器のお皿やグラス、飾りがたくさん
            とっても綺麗でゆっくり見たかったけど、トイレ休憩なのでスルー。
            トイレも、チップが必要なんですね〜ぇ。

            海外に行くとクレジットばっかり使ってたけど
            逆にチップ用のちょうどいい小銭を作るのに、毎日苦労してました


            ナポリに到着。ナポリの街並みを少し観光して、港へ
            港で、高速水中翼船に乗り込み、またそこから40分かけてカプリ島に向かいます

            酔い止め、飲んできて良かった〜〜〜


            カプリ島に到着




            切り立った岩山が。そして暑くてもカラッとして気持ちの良い天気




            到着後楽しむことなく、一直線に今度は青の洞窟へ向かう大きいボートに乗り込みます




            青の洞窟に個人で行く方は、気をつけてくださいね。
            水中翼船から降りて、このボートに乗り込み出発するまでが勝負で、早く乗った者勝ち。
            ボートが洞窟に到着した順に、順番待ちするので遅く着いたボートは荒波の上で数時間待ち
            ということもあるそう・・・

            私たちは幸い「1時間待ち」で済みました。←これは平均的な待ち時間なんだって〜



            一旦カプリから離れて洞窟へ。



            洞窟の前では、今度はカヌーぐらいの小さなボートへ2,3人ずつ乗り込みます。




            洞窟の右上の岸壁に何か、赤丸が・・・

            UPして見てみると―



            頑張れ、日本 頑張れ、東北 
            心から復興を祈っています カプリ島 青の洞窟 船頭一同より


            と書いてありました。
            こんなところに・・・ まさかと思ったので感動しました



            洞窟の入口は150CMぐらいの高さしかなく、ボートに座ってかがまなくては入れません

            青の洞窟の中は・・・






            外の光が反射して、真っ青の海が光り輝く空間に



            ここに来るまでに、何時間も色んな船に乗って来たけど、一度は来てよかった
            二度は・・・ちょっと考えますが




            さて、カプリ島に戻って、少し散策。




            イタリアの形したガラス瓶に入っているレモンチェッロというレモン酒が有名で
            お家でもちょうどレモン酒作っていたので、飲み比べしようと買って帰りました




            カプリのタクシー。オープンカーでなんてオシャレなの〜ぉ
            とにかく、小時間の滞在でしたが、カプリ最高でした
            あのアマルフィもここから船で数十分で行けるんだって〜。

            今回の旅で一番気に入ったのはカプリ。今度は2泊はしたいな〜〜〜
            イタリアは本当にスリや置き引きが多いというけど、カプリ島は滅多に犯罪がないんだって。
            前に、TVで道端ジェシカが絶賛していたんだけど、納得
            凄く平和らしく、本当にお奨めです


            長旅日記─.蹇璽泙量襦∋矯編 in Roma, Italy

            0
              JUGEMテーマ:イタリア旅行
              JUGEMテーマ:ヨーロッパ
              JUGEMテーマ:イタリア
              JUGEMテーマ:旅行
               

              8月24日(水)エールフランスでパリを12:35フライト、14:40ローマに到着しました
              といっても、搭乗開始してから、飛行機が飛び立つまで、1時間程
              お詫びのアナウンスもなし、周りを見ても”いつもの事だよ”といったご様子・・・

              空港から滞在ホテルまでは、一緒に搭乗した日本人1組と4人でバンに乗って移動する予定が
              そのもう1組のスーツケースが、なかなか手荷物受取所のターンテーブルから出てこず・・・
              ここでも1時間近く待ち。。

              やっとの事でスーツケースは出てきたけど、日本の航空会社がいかに時間に正確か・・・。
              5,10分の遅延で「本日は遅れまして、大変申し訳ございません。」という日系が凄いんだなぁ〜
              と再認識。


              テルミニ駅近くのホテルに着くと結局夕方で、ローマはまず夜から散策

              歩いてすぐに行ける名所が至るところに



              ↑スペイン広場に行く途中に発見。バルベリーニ広場



              スペイン広場の夜の風景。
              この時、すでに22時ぐらいなのに、こんなに人が

              夜の街を散策していて、気付いたのはローマは夜も楽しんでいる人が多い
              日本でいう食事処のハッピーアワーなんてローマじゃ、21時までだよ
              一般的に夕飯っていうと20時ぐらいからスタート、
              ピークは21〜22時頃ぐらいが一番人が多かったよ

              どうりで朝、どこのお店もオープンが遅いわけだ・・・みんな夜型なんですね


              人が多いので、安心して夜遊びできました


              さあて、翌日はカプリ島へ
              モンサンミシェルの二の舞にならないようにしないとな

              長旅日記Аゞ飢駟圈in Paris, France

              0
                 JUGEMテーマ:PARIS
                JUGEMテーマ:フランス
                JUGEMテーマ:旅行


                パリ最後の日記は、教会編

                特に教会好き、というわけでもなく。仏教徒だけど
                モンサンミシェルツアーに寝坊した私たちはとりあえずぶらぶらしていたら
                いつの間にか、教会めぐりの勢いで何か所も周っていました
                1日に5,6か所は行ったかな


                まずはセーヌ川の間に位置するシテ島にある王道のノートルダム寺院。




                日曜日ということもあって、デパートやブティック、スーパーまでも嘘のように
                休業中・・・
                日本のコンビニに囲まれた便利な生活に慣れ過ぎている私。。
                少し不便だったけど、教会はどこもミサの真っ最中。
                綺麗な音色・歌声に癒されました



                ノートルダム寺院はやはり観光地だけあって、人がわんさか・・

                ノートルダムの近くにもう一つ、控えめなあまり観光客も(ノートルダムに比べると)少ない
                サント・シャペルという教会へ

                皆さんはご存知ですか??
                私は聞いたこともなかったです。 

                まずは入口。この教会は珍しく2階建てのようです。

                1階の内装はこんな感じ。




                いかにも、古い、歴史を感じる建物です。。。


                でもね、この入口手前両サイドにある暗〜い小さならせん階段を
                息をハァハァ切らしながら、あがっていくと・・・


                なんとそこには!!!!





                こんなに素晴らしい眺めが!!!!




                息をのむようなステンドグラスの数々・・・





                これは、パリ最古のステンドグラスだそうです。
                ノートルダムの広さにも驚いたけど、ステンドグラスの素晴らしさは、正直
                パリの中でここが一番でした



                ぜひ、機会があればサント・シャペルに行ってみてください
                これが2階にあるというのも面白い


                もうひとつ、サント・シャペルと同じぐらいお気に入りだったのは
                オペラ座から10分程歩いたところ、マドレーヌ駅すぐにある、マドレーヌ教会です。


                まずは、この教会らしくない佇まい。



                まるでギリシア神殿みたいでしょ?
                高さは20mだって


                中では荘厳な歌声が流れている最中でした







                中は本当に広くて、ノートルダムの広さより縦も横も大きく感じて
                居心地が本当に良かったです

                ヨーロッパは日本みたいに湿気がないせいか、気温は本当に高いのに
                一歩教会に入ると、喧騒が嘘のように静まり返り、空気も冷えていて
                歩き疲れる旅に、教会を休憩場所に使っていたような・・・

                教会めぐりは本当に癒されて、新しい発見でした







                長旅日記Α‐ε抗絞圈in Paris, France

                0
                   JUGEMテーマ:PARIS
                  JUGEMテーマ:フランス
                  JUGEMテーマ:旅行

                  パリにはパッサージュと呼ばれるアーケードの商店街が点在していて
                  滞在先のホテルの近くにも、日本の商店街とはだいぶ違う
                  可愛らしい佇まいが素敵でした




                  ↑19世紀前半に造られたパッサージュ、ギャルリー・ヴィヴィエンヌ。
                  当時は流行の発信地だったんだって。
                  エンパイヤ様式のレトロ・モダンな雰囲気


                  こことは違うパッサージュだけど、こんなミニチュア細工の専門店も





                  今まで興味なかったけど、可愛い〜〜〜




                  こんな細かいところまでーーーーー





                  買って帰りたかったけど、こういうのって高いんだよねー


                  他にも、こんなオシャレなグラスの置き方をするレストランがあったり・・





                  可愛い箱と詰め物を自分で選べる、お菓子屋さんがあったり




                  お土産物っていう買いたいと思う物が少ないフランスの旅だったけど
                  商店街に思いのほかたくさん欲しい物がありました

                  少し郊外のフランスの方が楽しそうだな〜と思いました


                  長旅日記ァ/事編 in Paris, France

                  0
                    JUGEMテーマ:PARIS
                    JUGEMテーマ:フランス
                    JUGEMテーマ:旅行
                     

                    パリ内の色んなところで食事した中で、一番思い出になった
                    場所は、地元民に愛されているような、大衆居酒屋風のシャルティエというお店でした。




                    30分ぐらいは並んだかな
                    この通り折り返し地点まで来たものの、まだまだ入口は遠い






                    まあ、とにかく安くて美味しい
                    相席なんてお構いなし そして暑い




                    でも安いワインでも、今回の旅で一番美味しいって思うぐらい
                    水みたいにごくごく飲めるし、料理も抜群





                    注文はテーブルシートに書くわで、びっくりすることだらけだったよ


                    パリは、今回の旅では一番東洋人(主に日本人と中国人)が多くて
                    日本語メニュー出してるお店も多いのだけど、メニューの翻訳がでたらめで
                    店前でお腹かかえて笑ってたよ








                    誰か解明できた人いたら教えてください




                    長旅日記ぁ_ζ札好櫂奪箸瓩阿衒圈in Paris, France

                    0
                      JUGEMテーマ:PARIS
                      JUGEMテーマ:フランス
                      JUGEMテーマ:旅行
                       

                      ユーロスターで2時間ちょいであっという間にパリへ到着

                      まずはエッフェル塔や凱旋門など王道のスポットへ
                      イギリスと違って、地下鉄は分かりにくいし、もっと汚いわ、
                      観光地ではジプシーの女の子に声かけられまくるわで、警戒心びんびんで散策
                      建物は綺麗な場所が多いし見どころはたくさんあるのに、貧富の差が激しいなぁと感じました。





                      エッフェル塔に行ったら、ちょうど放水??の時間だったようで
                      結構長く放水されていて、みんなびっしょびしょになって楽しんでいました





                      こーいう感じ、すごくくつろげて良かったですが、如何せんスリに気をつけないと
                      心底休まる時はなかったなぁ〜〜



                      次はオペラガルニエ。


                      オペラ座のシャガールの天井画は有名ですよね
                      子どもの頃シャガール大好きだったので、念願の本物が観れて感動でした
                      それにしても、内装の装飾が・・・凄すぎる。。






                      最後に、ルーブル美術館のショット




                      この前にオルセー美術館にも行ったんだけど、オルセーが5個分入るんじゃなかろうか・・・
                      という規模。広いのは聞いていたけど、ここまでとは

                      確かにパリ全体の名所が結構あって、1週間いても観るところはたくさんあるのは
                      わかりました。
                      でも地下鉄の汚さや物価の高さで、正直イメージが変わってしまったのが残念でした
                      最終日には画家の棲家をめぐって、モンマルトルに行ったりもしたけど、少し郊外の
                      雰囲気があって、こういうところの方が感じが良かったです



                      モンマルトルにあるルノワールの絵のモデルになったカフェ



                      絵本の世界に登場しそうな、すごく素敵なレストラン



                      ゴッホが弟のテオと住んでいたお家




                      モンマルトルは坂だらけで、ゴッホのお家も2周ぐらいして、やっと
                      見つけられたけど、芸術家の街だけあって、色んなところにセンスが発揮されていました
                      ただの窓の格子もこの通り芸術作品に



                      街にはバイオリンの音が流れていたり、素敵な場所でした



                      長旅日記 ロンドン市内ぶらぶら〜美術編 in London, U.K.

                      0
                        JUGEMテーマ:旅行
                        JUGEMテーマ:イギリス
                        JUGEMテーマ:ロンドン


                        8月19日、午後はまた市内に戻り、これまた王道のアフタヌーンティーを堪能




                        ハロッズ店内にて。




                        それにしても、アフタヌーンティーは高いね〜〜
                        一人日本円だと4000円ぐらい?
                        ナッツ類がダメな主人はほとんどのケーキを食べられず・・・
                        色んな種類のパン・ケーキ・デザートがあるのに〜ぃ、もったいない・・・

                        まあ、雰囲気を楽しめたので充分でしょう



                        最後に、ロンドンのアートといえば、ナショナル・ギャラリーと大英博物館。







                        どちらも無料なのに、本当に凄い見応えのある作品ばかりで、圧倒
                        美術関係は、パリのルーブルに行こうという感じで、漠然と決めていたのですが
                        旅行代理店の人に、
                        「ロンドンは美術関係はほとんど無料のところが多いので、行った方が良いですよ〜。」
                        と言われていたので、納得。

                        特に大英博物館は、入ってすぐにロゼッタストーンが
                        「こ、こんなとこに置いて良いの?」(唖然)





                        他の作品も物に触れられる位置に、普通にごろごろ置かれていてびっくり・・・
                        いたずらされないんだろうか、と余計な心配もしてしまった





                        とにかく広い・・・室内の空間が半端ない・・・ (茫然)




                        博物館にある物は作品の規模が凄過ぎて、
                        こんなのどうやって入れたんだろうという感じ。





                        こんな可愛いグッズも


                        8月20日、さあて次はフランス、パリへユーロスターに乗って出発だー




                        正直そこまで期待はしていなかったものの・・ というかあまり名所を知らなかったので。
                        この後2カ国を周遊するのだけど、ロンドンが一番住んでも良いなという気にさせてくれました

                        ありがとう、ロンドン
                        そして、ここまで長々と読んでくれた皆様、ありがとう


                        calendar

                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << May 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR