スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.06.08 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    NICU仲間

    0
      JUGEMテーマ:子育て日記
      JUGEMテーマ:日常
       

      明日で娘も2カ月になります。
      今月から予防接種を受け始めます。
      小児科を探さないとな・・・

      早産児は、病気にかかると入院や後遺症など
      重症化しやすいので、
      ある程度、主要の予防接種を受け終わったら
      色んな人と会わせたいな〜と思っています。

      最近もまだ寝像の悪さは健在。
      布団から45度回転〜〜
      ママとの布団の境界線なんて関係なし・・・^^;




      上半身もずりずり上がってきているよ〜〜^^;




      耳に指突っ込んで寝てる・・・


      今週は、引きこもりがちな我が家に、NICU時代のお友達が
      遊びに来てくれました。

      出生も3日違いで、産まれた体重も50g差ぐらい。
      緊急帝王切開になった原因も入院期間も同じ。
      ベビーの病床が隣同士で、GCUに移っても隣同士という
      偶然の重なったお友達です。

      お互い早産児で、発育状況とか普通の子と比べられない
      悩みがあるので、とても打ち解け合える仲です。

      お互いにいよいよ3500gを超え、重くなってきました^^;
      こうやって、赤ちゃんを並べると可愛いよねww

      2人ともお互いに釣られてギャン泣きですw



      急遽! 当日決行、お宮参り。

      0
        JUGEMテーマ:日常
        JUGEMテーマ:子育て日記
         

        昨日の日曜日、6月22日。

        朝10時に起きて外を見ると、雨も降っておらず、ここ最近の暑さには珍しく
        とっても涼しい!!!

        ということで・・・
        前々から主人とどうする〜?涼しくなる秋まで延ばす?
        と言っていたお宮参りを急遽当日決行することにしました!


        普通は事前に着物用意したり写真館予約したりするんでしょうけど・・・

        昨日は起きてすぐに、まず挙式した赤坂氷川神社へ連絡して
        式が2件入っている合間に祝詞をあげてもらえる事に。
        近場のスタジオアリスに2件電話して、タイミングよく予約できる時間帯をget!!

        衣装をレンタルできたので、ちゃんと着物羽織って
        家族3人で、お宮参りできました♪





        着物の下には、実母の作ったベビードレスを着ました♪




        私も訪問着を・・・とまではできなかったけど、
        ちゃんと写真館でも1カ月半の小さい頃の写真も残せたし、
        気にかけていた乳児湿疹も、この日からちょうど治まってきたみたい♪

        きちんとした形でお宮参りができて、ひとまず安心しました。

        ぶくぶく

        0
          JUGEMテーマ:子育て日記
          JUGEMテーマ:日常
           

          今日なんと7時間も、一度も「おっぱい〜〜!!」と言われず
          すやすや寝ていました。

          脱水症状が気になってびっくりしたけど、
          元気です。

          先日まで色々と複合施設に行ってたけど
          他のママ達から、普通3カ月まで、予防接種受けるまで
          あんまり外界と接触させないよ!
          夏でも流行る病気あるから、気をつけて!
          と言われてしまい・・・

          最近大人しくしてます(ーー;)


          まあ確かに1カ月半になった我が子も
          ようやく3000gぐらい・・・
          まだ普通の新生児サイズだもんね。


          毎日一緒にいると気付きづらいけど、
          ずいぶんと大きくなったご様子。
          退院から1kgは増えてるしね。



          二重あごになって、ぶくぶくちゃんです(笑)
          お口が富士山型で、まるで富士急ハイランドのマークみたい・・・


          ぐずって寝にくい時は最近こうしてます・・




          ママのお胸でぐっすり〜〜

          暑くてもぴったり一緒が安らげるんだろうね。。
          この後ベビー布団に置いたら、がんがん目覚めました。^^;

          もうすぐ予防接種のスケジュール立てないとなぁ〜

          女から母へ

          0
            JUGEMテーマ:日常
            JUGEMテーマ:子育て日記


            人間の成長とは凄いものです。
            つい昨年まで存在しなかった命。

            今こんなに大きいです。




            といっても、先週の1カ月検診では2450gで、平均の出生直後の新生児サイズにも
            まだ追いついてなくて、看護師さんもびっくり!

            「可愛い〜〜!可愛い〜〜!まだ2500gもないのー?!」と連発。

            NICU出身の子を持つ母親は、早産ゆえ「小さい」のを気にする方多いみたいですが
            私は、小さい時期が長くて嬉しい♪と思う方なので、特に気にしません。


            検診後は、NICUあがりとは思えないぐらい連続で、
            ラゾーナ川崎、ららぽーと豊洲と連れまわり、
            授乳室では生後間もない子を連れまわしてる母親みたいな
            奇異な目で見られます・・・

            ちょっとそれはイラッとしますが、
            小さくて可愛いですねー!と声掛けられるのは嬉しいです。


            初の子育てして、学んだ事。

            急に赤ちゃんがうめきながら苦しんで泣いているので、
            どうしたんだろう!?(汗)と見守っていたら、

            「ブ!! ブリブリブリーーーー!!!」

            大きい音でうんちするんです。

            このぐらいの赤ちゃんは、泣きながら力んで出すらしいです。
            必死になってブリブリしてる我が子は何だか可愛いです(笑)




            あと、自分のくしゃみの音にびっくりしてモロー反射(手足をピーンと伸ばす)して
            泣きだすところとか、
            ほんと赤ちゃんの生態って面白い。

            最近は、今何をしてほしいのか、動きや泣き方を見て
            わかるようになってきました。
            男の人は分からないそうです、母親の本能なんでしょうね。

            育児。大変な事多いですが
            思いのほか冷静にやれてまーーーす。


            みんな、小さくて可愛いうちに遊びに来てね。
            もちろん、健康上不安がない時にお願いします(笑)

            育児生活スタート

            0
              JUGEMテーマ:子育て日記
              JUGEMテーマ:育児
              JUGEMテーマ:日常
               

              先週の月曜に無事NICU/GCUを退院してきました。
              今まで無菌状態の病床に居た、まだ2100gの我が子との24時間一緒の
              生活はとても不安だったけど、なんとか1週間乗りきれています。
              里帰りしていないので親の助けなしの生活だけど、主人の協力でやっていけてます!

              退院前に、主人と2人だけの”自由”な生活は終わりだということで
              急遽、結婚式を挙げたレストラン、ラ・ロシェルの山王店へディナーを食べに行きました。
              すみれの為の母乳は搾乳でストックがたくさん余っていたので、
              妊娠発覚ぶりの「飲酒」!!!!!!
              去年の9月、10月ぶりだけど、もう1年以上ぶりな気がするーーー


              お店では1周年の記念のデザートの数々の中に、
              こんな飴細工のバラの花もありました!




              週末は映画館にも行きたかったけど、タイムオーバー・・・
              自分が入院していたというのもあって、すみれの迎え入れ準備で思いのほか忙しく。。

              退院後2,3日は本当に食べる余裕もないぐらい育児に四苦八苦してました^^;
              すみれは日に日に成長してくれているみたいで、
              起きている時間やぐずりの時間も長くなってきました。



              まあ、とにかく足をよく動かす子!!!!
              お腹に居た時から蹴られまくりで、この子は激しいぞ!?と思ってたけど
              その通りでした(笑)


              今朝の1枚。
              最近朝起きると、ベビー布団から抜け出して
              ママの布団に侵入してきています!!



              まだ首も座ってなくて、自分じゃ動けないのはずなのに・・・
              どうやら唯一動く足を武器に、バタバタ動かして
              じりじり寄ってきているらしいです・・・

              子どもってなんで寝相悪いんだろうね・・??


              そんな感じで、明日1カ月検診です。
              初の親子2人だけの外出・・・
              外で泣かれたらどうしよう〜〜。。
              外出デビューしてきまーす!

              無事、産まれました。

              0
                JUGEMテーマ:日常


                お久しぶりです。
                ここ一週間色々ありました。

                先週月曜の6月4日。
                いつも通り、午後に胎児心拍モニターをお腹に巻いてチェックしていたところ
                急遽、胎児の心拍が半分まで下がってしまい、先生・看護師が駆けつけて来て
                私は酸素吸入器をつけられました。

                ここ最近は赤ちゃんも元気だったので気が動転して、
                涙が溢れてしまい・・・

                「お母さん、しっかり!深くゆっくり深呼吸してあげてね、
                赤ちゃんが苦しいからねー」

                と言われ、ゆっくり呼吸していたら、なんとか心拍が戻ってきてくれて一段落。

                この日の午前の検査で、赤ちゃんが臍の緒を2回巻いていて、
                しかも胎盤の付け根の臍の緒から首に巻いている事が判明し、午後のこの心拍低下。
                赤ちゃんがお腹の中で、斜めになって首を吊っている危ない状態とのこと。

                先生たちがミーティングに入り、その数分後には
                「今すぐ産みましょう。」と言われました。

                心の準備ができていない中、赤ちゃんが今にもまた心拍が止まるかもしれない
                という不安とともに寝台が運ばれ、早々にオペ室に運ばれました。


                背中の脊髄のところに下半身麻酔を打たれ、開腹手術が行われる中
                上半身は意識がある怖さ・・・
                歯ががたがた震え、色んな感情で涙が止まりませんでした。
                看護師さんが手を握ってくれた事で本当に救われる気持ちになりました。


                「お腹押しますよー!もうすぐ赤ちゃんに会えますからね!
                お母さん、がんばって!」

                先生2人が一気に私のお腹を、横隔膜の辺りから下腹部の方に押し出しました。
                少しの間があって・・・赤ちゃんの泣き声が聞こえて、涙がさらに溢れ出ました。

                赤ちゃんはすぐに検査が始まり、その後私の下へ来る事もなく
                NICU(新生児集中治療室)へ移送されました。

                ”赤ちゃんはどうなったの?!大丈夫なの?!”

                不安な思いの中、全身麻酔を打たれ意識が遠のいていきました。

                その日の夜は、赤ちゃんを一度も抱く事ができなかった悲しさと不安、傷口の傷み、
                40度近い発熱で一睡もできませんでした。


                翌日、看護師さんと主人が付き添って、車椅子でNICUに向かい我が子に
                対面した瞬間、その痛々しい姿にまた涙が溢れたけど、先生が今は状態も
                快方に向かっているという事でようやく安心できました。





                1921gの小さな小さな女の子です。




                お腹の中にいる時から生死をさまよっていたわが子。
                無事、産まれて来てくれてありがとう。




                今は酸素吸入器・点滴も取れ、自発呼吸ができるようになりました。
                我が子は1カ月の入院です。
                感染防止で使い捨てエプロンと手袋は必須ですが、
                おむつ交換や沐浴も体験させてもらえます。






                今週月曜に、赤ちゃんなしで退院したその日は本当に落ち込んで
                赤ちゃんのいない生活、母乳は出るのに直接飲ませてあげられない悲しさで
                情緒不安定になっていましたが、今はこの子のために搾乳がんばって
                NICUに届けよう、と前向きになれてきました。

                幸い母乳はたくさん出るので、哺乳瓶+鼻から胃へのチューブで流し込みですが
                完母で育てる事ができています。





                すみれちゃん、ママと一緒にがんばろうね。




                念願の水通し

                0
                  IMG_3117_ed.jpg
                  6月2日、土曜日。
                  今日奇跡が起きました。


                  ここ最近赤ちゃんの体調が良いせいか、再度外出願いを出したところ…

                  午前中のモニターの胎児心拍も良かったので、
                  再度外出許可が下りました!


                  しかも今度は30分じゃなく2時間。
                  外出の行動範囲も車椅子制限もなかったので
                  1か月ぶりに我が家に一時帰宅できました!

                  たった1時間半の滞在だったけど、
                  諦めていた赤ちゃんの産着の水通しができました。


                  水通しは、赤ちゃんが産まれてくる前に新品の肌着や肌に直接触れる物を
                  一旦洗って着やすくする儀式のようなものです。


                  産まれたら何度だって出来る洗濯だけど、
                  産まれてくる前に、あの小さな小さな肌着が
                  風に揺れる風景を見たら幸せな気持ちになれるよ、
                  と友人から昔聞いていて私もずっと夢見ていた事でした。

                  でも産むまで帰宅できないという宣言を先生にされてから、
                  梅雨にも入るしと、主人に洗濯してもらう方向で諦めていたのですが…


                  まさかの唐突な2時間フリー外出に
                  主人と急いでお家に帰り、洗濯機を回しました。


                  とりあえず退院日と翌日に着る分を選んで洗濯機に入れて、
                  赤ちゃん用の洗剤を入れて…

                  その途中で、嬉しくて泣いてしまいました。

                  畳むところまでは時間的に無理だったけど、
                  夢見ていた通り、風の吹く中、干して眺める事ができました。


                  最近は骨盤が緩み始め、座骨・恥骨が痛くて
                  立つのも歩くのもより困難になり始めていたので最後のチャンスだったのかもしれません。


                  もう外出できなくても悔いはありません。
                  これですっきりお産に望めます。

                  主人が入谷の鬼子母神様に安産祈願に行ってくれていたらしく、
                  安産お守りを持って来てくれました。
                  それで最近は調子良いのかな?


                  毎日我が子に呪文のように言い聞かせしています。

                  『今日も元気でいてくれて、ありがとう。明日も元気でね。無事に産まれてくるんだよ。』


                  今日もいい日でした。

                  入院生活1か月。

                  0
                    120601_105428.jpg
                    もうすぐ入院して1か月経ちます。

                    もう何人も退院を見届けて、すっかり大部屋の主と化しました(笑)

                    今の大部屋はとても居心地が良くて、切迫早産で入院しているママ、
                    双子で管理入院しているママ、色々います。


                    赤ちゃんが毎日生死をさ迷ってるのは我が子ぐらいなので
                    立場も重症度も全然違いますが、周りの話せる環境で、
                    気を紛らわせる事ができるし、とても救われています。



                    最近は我が子も体調が良いですが、残り1か月無事に生きてくれるのか…

                    タイミングよくモニター管理中に心拍が危機的に下がれば
                    緊急帝王切開で取り出すしかなくなるのだけど、
                    元気だったりそうでなかったり繰り返している今はまだ
                    自然に分娩できる方向で進めているから運悪ければ
                    こうしている今にも気付いたら亡くなっている可能性もある…


                    先生達もこの綱渡り状態で、どうしたら無事に産ませてあげる事ができるのか
                    稀な症例だからすごく悩んでいるみたいです。


                    そんな中、数少ない研究材料として色んな実験をされますが…

                    我が子を救える可能性が高まるならと先生の方針に従っています。


                    赤ちゃんは34週、1878gになりました。
                    少しスローペースになってきているので、そろそろ
                    発育不全が始まりだしたのかもしれません。
                    来週こそ2000g行ってほしいな。

                    いよいよお腹が重くなってきて、本格的な抱きまくらを追加で買いました。

                    もう私のベッドはクッションだらけです(笑)
                    そんなんで寝れるの?!とお隣りさんに驚かれるけど、
                    おしくらまんじゅうして寝る方が寂しくなくて落ち着くみたい。。


                    明日も元気でいてくれますように。

                    プリズンブレイク

                    0
                      201205271251000.jpg
                      <img alt="201205271251000.jpg" class="pict" height="2048" src="http://img-cdn.jg.jugem.jp/eeb/2108320/20120527_2408864.jpg" width="1536" />
                      24日ぶりに外界に出られたよ。
                      車椅子で保護者あり、30分だけ、
                      何かあってもリスクは承知のうえという同意書書かされたうえでね…

                      右腕に付けられた患者識別タグは、外されず…
                      本当に囚人のような生活の日々です。


                      主人に車椅子を押してもらい、近くのコンビニで
                      パルムのアーモンドチョコアイス食べただけだけど、自然の風を久しぶりに浴びたよ。

                      病院は窓が開かないし、空調で整備されてるから、
                      久しぶりの外界はとても暑くてびっくりでした。


                      さっき戻ってきて速攻お腹にモニター巻かれて、
                      胎児心拍確認したけど、一応大丈夫でした。

                      これで心拍落ちたら、30分の外気当たるのもダメって、
                      今より厳しくなるかもしれなかったので内心ドキドキ…


                      30分だけの外出だったけど、
                      体力も弱ってるから戻ってきてから凄く眠い…

                      こんなんで、産後の育児なんかできるのかな。。

                      普通に歩くのも困難な状態だから、
                      リハビリは苦労しそうです。


                      とりあえず、今日は赤ちゃん元気。
                      毎日生死をさ迷ってる我が子。
                      毎日のモニター結果で一喜一憂しますが、
                      今日はいい日でした。

                      3週間目。

                      0
                        120520_162325.jpg
                        入院生活18日目を迎えました。32週6日目です。明日から33週です。

                        点滴を先週月曜に外すことができ、辛い副作用から解放され、
                        お腹の張りも治まったので、帰れるかと思ったのに…
                        赤ちゃんの謎の心拍低下が定期的に発生して、
                        原因不明で退院の許可がおりません。

                        今日の面談で、このまま『産むまで』管理入院になりました(泣)
                        おそらく、誘発分娩になると思うので、6月末まで入院です。。


                        もともと100人に1,2人の症例といわれる、医大の研究材料にもなる
                        珍しいへその緒の付き方をしているらしく、
                        普通の妊婦と違って妊娠後期から産むまで、赤ちゃんが大きくなるにつれ、
                        死産のリスクが高まると言われている症例です。
                        一時的にも赤ちゃんが自分でへその緒を圧迫している可能性がある以上、
                        いつどこで赤ちゃん自身でライフラインを断つかわかりません。
                        大きく成長すればするほど、子宮・へその緒との密着度が高まるので不安です。。
                        そういう意味でも、入院はせざるをえないのかも…


                        毎日、朝の胎動を感じるとほっとします。

                        経膣分娩(下からのお産)の場合、私自身、母体も危なくなるから、
                        このまま赤ちゃんの心拍が正常に戻らなければ、
                        帝王切開で出してあげた方がリスクも減るかな、とかいろいろ考えます。。

                        でも今のところ主治医が経膣分娩もいける、と考えて下さっているので
                        少しほっとしました。
                        やっぱり一度は、できれば下から経験したい…


                        最近は同じフロア内であれば、歩けるようになったので、
                        すぐ隣りの新生児室に見に行ったりしてます。

                        でも、外には出られない。風に当たることもできない。

                        道路を歩いてるだけの人がとても羨ましくみえます。

                        外出ができない入院生活がこんなに辛いとは思いませんでした。


                        昨日、お友達がお見舞いに来てくれました。
                        30分だけだったけど、もう本当に心が救われたひと時でした。

                        まだあと1か月以上あるけど…
                        赤ちゃんが無事に産まれてくれるに越した事はないし…

                        前向きにとらえるしかないよね。


                        ちなみに、今日で赤ちゃんは1756gになりました。
                        一週間で150g近く成長したよ。


                        写真は、主人が週末に作ってきてくれた
                        ほうれん草のキッシュです。
                        先々週はほうれん草の冷製スープでした。

                        血液検査で貧血診断が出たので作ってきてくれました。
                        毎日感謝です。


                        calendar

                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << May 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR